映像制作の実績はチャンネルの価値向上に直結!

映像制作をするのであれば、質を高めることも大事ですが量も重要となります。
どれだけ優れた品質のものができあがっても、それ一本だけしかないのであればなかなか評価をされるというものではありませんから、ある程度の数は出したいところです。
粗製乱造をするのはよくありませんが、クオリティばかりを追求してコンテンツの数が足りていなければそれはそれでアピールする力が弱くなってしまうので、ある程度の量も確保するのが映像制作をする上で抑えておきたい部分です。

質と同様、量も大切

トップユーチューバーになるためには高品質の動画をアップすることが何より大切なことになりますが、質ばかりを重視して量が少ないとそれはそれでチャンネルの価値の向上につながりません。
どれだけ面白い動画があげられていたとしても、そのペースが遅いのであればチャンネルとしての価値は少なくなってしまいます。
何度も見直す動画というのは限られていますし、見直すにしても限りがありますから量が少なければそれだけで飽きられてしまうことになります。
数を増やすためだけに面白くない適当な動画を作るのは意味が無いどころか逆効果ですが、こだわりすぎて数が出ないというのもやはり問題です。
トップユーチューバーになるのであれば、一定のクオリティの動画を一定のペースで作り上げるということも大事なことになってくるので、量の確保というのも頭に入れて置く必要があります。
そして、数をこなしていけば実績が積まれることになりますからそれが後々大きな力となります。

過去の動画と今の動画を見比べて、成長も確認できる

定期的に映像制作をしていれば、過去の作品と現在の作品を見比べて成長の度合いを確認することができるというメリットがあります。
映像制作をすればするほど上達するというわけではありませんが、やはり数をこなしたほうが成長にはつながりやすい部分がありますから、成長を確認できるようにしておく意味でも量を増やすというのは意味があります。
成長が感じられない場合であっても力を入れて作ったときと、適当に間に合わせで作ったものの差というのが感じられるのであれば、力の入れようというのもわかってきますから質だけにこだわらず量にこだわるというのも映像制作をする上では意味のあることになるのです。
理想としては高品質のものを次々と生み出すことができるのが一番いいのですが、それができない以上はある程度のクオリティのものをできるだけ多く作ってみるというのも悪いものではありません。
実績を積んでいけば、それが必ず役立つときがくるのでその時の自分の実力の記録を残す意味でも量にこだわるのは大切です。


動画を制作して会社のサイトをPR
動画制作はBLESSにお任せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です