何かを身に着けるために絵画を勉強

ユーチューバーになるために色々と模索している日々ですが、ここ最近夢中になって勉強しているものがあります。ずばり絵画です。「絵描き」と胸を張って紹介できるぐらいになりたいと思い、先日東京の絵画教室に通う事にしました。
それに合わせて何か面白い動画が作れればと考えています。
実際に色鉛筆だけで撮影された写真のような絵画もありますし、絵画ではありませんが大量の写真を使って似顔絵をつくる動画も有名です。昔はピンときませんでしたが、今ではすっかり何度も動画を見て参考にしています。

将来に向けて細かいテクニックを磨くのはアリ

正直言って手探りな状態から始まった絵画ですが、将来に向けてテクニックを身につけて損はないと考えています。
それはひとえにピクシブのおかげです。
実は自分の絵画の実力を試すためにピクシブに自分のイラストや絵画を投稿しているのですが、いかに自分が未熟であるかを思い知らされます。テクニックはもちろん、つい他人と比較して拗ねてしまう自分の性根に呆れてしまう毎日です。
しかしこうした大衆に注目される場所に対する感覚はやっぱり実践でしか味わえないと考え、ポジティブになりながら頑張っています。厳しくて辛い時もありますが、実のところ、楽しくて堪りません。東京の絵画教室で習った事を自由に発揮できるし、ブクマや評価の数によって自分がいかに上達したかという手ごたえが感じられるからです。
それにユーチューバーをしつつ、ピクシブや絵描きの世界など別な場所で活躍するのも格好いいですよね。
とにかく未来の自分のために頑張りたいというわけです。

世界のユーチューバーを目指して

しかし絵描きで世界のユーチューバーを目指すなら斬新かつ面白いテーマで動画を撮影しなくてはなりません。
真っ先に思いつくのは先述したような「写実的な絵画」ですが、前例があるので却下。
次に思い浮かぶのはイラストの完成までの作業を撮影する事ですが、もう一工夫欲しいところです。あとは「アニメ」ですかね。
実は以前、ユーチューブで素敵な自作アニメを見た事があります。
女の子がダンスするアニメですがセリフはなく、しかも短いものでした。それでも今でも細かく思い出すことができるほど感動しました。あえてセリフやストーリーを省くことで見ている人間に想像力を膨らませて印象を強めたのだと考えられますが、そうしたテクニックによるものだとしても素晴らしい作品でした。
こうして物づくりに触れて分かりましたが、作品を誕生させるのはすごく難しいです。
そこから人気ある作品をつくるとなると運と才能がかかってきます。それでも世界のユーチューバーになるためにあらゆる事を学ばなければならないと痛感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です